◆ Treatment navigation(治療内容案内)
育成回復矯正(安価で歯を抜かない矯正・成人へも応用)

 歯列不正は顎の大きさの不足からきている場合がほとんどですが、それは本来の機能がきちんと発揮されていないために起こることが多いようです。 今までは顎が狭い場合、歯を抜くことを前提とした矯正が当然のように行われていました。当診療室では健康な歯をできるだけ保存して審美的にも、 機能的にも改善することを目指しています。但し、非抜歯のためにはとにかく早期治療が必要です。 そして全ての方の100%非抜歯は困難であることを御了承下さい。尚、当診療室のここ10年間の非抜歯率は99.5%です(2012年現在)。

     床矯正

     狭い顎を、本来その人が持っている固有の大きさに復元させて改善する方法で、乳歯や混合歯列期に早期治療を行うことができ、より非抜歯の可能性が高まります!取り外しができ、安価で簡便にできますが、装置を使用しないと効果が出ません。(床矯正は適応を選べば、非常に魅力的な治療法ですが、安易にそれのみで終わらせようとすると中途半端で、逆戻りの原因になる場合があります。安価過ぎ、安易過ぎの御薦めにはご注意下さい。その術者が「次の一手」を持っているかどうかをお確かめ下さい。矯正治療には「鳥の眼」「虫の眼」「魚の眼」がとても重要です!)

     Muscle Wins! 矯正

     矯正歯科では「舌」や「咀嚼筋」などが歯並びに非常に大きな影響を与えています。「bone(骨)とmuscle(筋肉)が競えば、必ずmuscle(筋肉)が勝つ!」という、ごく当たり前の生理的な手法が、他では見られない「long term stability(術後の長期間の安定性)」を維持し、外科(顎切り、抜歯)処置をできるだけしないで改善する画期的な治療法です。

    『 Muscle Wins!矯正臨床研究会 』(eight memberエイトメンバー)
    主幹 近藤悦子先生  場所 東京 オームコ本社会議室 (毎年6回程度)
    あの世界で有名な近藤悦子先生は解剖学、力学への深い造詣やその症例の圧倒的な完成度の高さと長期の予後の安定度では他の追随を許しません。その近藤先生を指導者として全国から選抜された矯正専門医を中心に8名の精鋭のみで運営されています。(北海道からは毎回私を含む厳選2名のみが出席しています)

     他の特殊矯正治療器具

    1. アライナー(一般的な矯正装置を使わず、透明なプラスチックをコンピューターで精密測定して少しずつ改善します。ワイヤーなどを使用しないので審美的ですが、歯列不正の程度の軽い症例向きです)

    2. ムーシールド、パナシールド(反対咬合時に使用します。3歳位からでも可能)

    3. 噛み締め型FKO(上顎前突時に使用します。下顎枝を成長させます)

    4. 新しい拡大装置「Cleaクレア」(スクリューを使わず、特殊弾線で拡大)

     機能回復訓練・トレーニング

    1. MFT、PNF
    2. クロレッツ・ガムトレーニング
    3. あいうべ体操

     補助矯正

    治療例(床矯正)
       


     

     
     
     
    『3歳からでも反対咬合の治療が出来る「ムーシールド」は簡単に装着できます』
    ムーシールド
    ムーシールド
     
    『上顎は審美的な、テフロン加工のホワイトワイヤーで、下顎は普通のステンレスワイヤーです』
    ホワイトレイヤー
     

    『セルフライゲーションにより歯を抜かないでキレイに』

     


    治療前   治療後
    症例1 三角矢印 症例2
    症例3 三角矢印 症例4

               

     

顎関節症・噛み合せによる全身症状

 悪い噛み合わせにより習慣的に下顎の位置が偏位していると、顎がカクカク鳴ったり、痛くて口が開きづらくなったり、肩が凝ったり、頭痛や腰痛や眼精疲労などの原因となることがあります。なるべく削ったりかぶせたりしないで、最初は当診療室のオリジナルな『顎関節症の養生訓』でアプローチしてから順次、次善の治療法へ移行していきます。
「噛み合わせ由来の全身症状」は当診療室の理事長のライフワークであり、世界で初めてその症状を5分類化し、毎年北海道歯科学術大会と日本全身咬合学会に研究成果を学会報告しています。2004年には日本全身咬合学会認定医のセミナーの講師も担当しました。

   噛み合わせの診断する精密機械です。
 

 治療法(「下顎位の是正」をできるだけ「可逆治療」で)

  1. 『顎関節症の養生訓』(カウンセリング療法)
  2. 『高周波・レーザー療法』
  3. 『開口訓練』(エクササイズ)
  4. 『スプリント(マウスピース)』
  5. 『矯正治療』(歯を動かす)
  6. 『補綴治療』(歯に被覆する)

最近は高周波治療の効果が際立っています。


 患者さんの声


「顎関節症と噛み合わせ由来の全身症状が治った!」
(♀ 55歳  主婦)
コメント
50歳代に入ってから腰痛、肩凝り、首の痛み、呼吸障害などが苦痛になり整形外科、脳外科、呼吸器科を受診しましたが答えはいつも同じ「更年期障害でしょうね!」でした。
若い時から顎関節症と言われ(大学で顎関節症の治療を受けていたが「これ以上治療法は無い」と言われ、断念した)ていたので歯ではないかと歯科医師会に問い合わせたのですが個別には教えられないという所を、半ば強引に(脅迫まがいに)パーク歯科診療室を教えて頂き、治療をして頂きました。
特殊なマウスピースと床矯正装置を使って治療をしていく過程で私自身が色々な事を学びました。即ち「歯並び、噛み合わせがいかに大事か、歯だけではなく身体全体を歪めていくのではないか」と思うようになりました。
ある時からあんなに辛かった腰痛、肩凝り、首の痛みが無くなり驚くばかりです!さらに気がついたことは、左側しかショルダーバックを掛けられなかったはずなのにいつのまにか右側の肩に乗せているのです。又椅子に腰掛けた時は必ず脚を組んでいたはずなのにそれが極端に少なくなったことです。それらのことは癖なのだと思っていたことが、今思えば身体のバランスを保つための無意識の行為だったのではないかと考えられます!

 

 

特殊義歯
【メタルプレート】
「薄い」「軽い」「硬い」「精密」という特徴をもち、「食べ物の温度が伝わりやすくい」「違和感が少ない」「丈夫」「快適」な義歯となります。

【ソフトアタッチメントデンチャー】
コーヌスアタッチメントに高弾性プラスチックを使用して、維持力が半永久的に持続し、歯周病にも優しく、審美的にも金属バネが見えない最新の義歯です。

【コンフォート】
義歯の歯ぐきにあたる部分を生体用シリコーンというクッション材で覆う特殊加工技術です。義歯のクッション性と密閉性を大幅に向上させることで、「痛い」「噛めない」「はずれやすい」という従来の義歯の問題を改善します。
 

           

 PPD(Perfect Partial Denture) パーフェクト・パーシャルデンチャーは今までの「部分入れ歯」のほとんど全ての欠点をカバーしてくれます。

  1. 審美的で普通の義歯より違和感が非常に少ない
  2. ぴったりとしてスキマが無く食べ物が入り込まない
  3. 時間が経過しても維持力を調整できる
  4. 義歯が動かないで口腔内で一体感がある
  5. 外れない、ゆるくならない
  6. 24時間装着可能
  7. 一般的なノンクラスプデンチャーよりも小さく、軽く維持力を大きく出来る

<弱点>

 保険では出来ない。一般的なバネ無し入れ歯よりも少し割高である。

 ピタッとしているので、慣れるまで着脱が大変である。(慣れたら全然OK)


メインキャッチフレーズは、

「普通に衣服をまとっているのと同じような、自然な装着感!」

PPDとは(ノンクラスプデンチャーの不完全部分を完璧に補って完成された、)当診療室オリジナルの素晴らしい部分入れ歯です!。「軽い」「痛くない」「よく噛める」「食べ物がはさまらない」「違和感が無い」「入れ歯の装着感がスムース」「入れ歯を入れているという感じがしない」と言うキャッチフレーズを持った、今までのノンクラスプデンチャー(ばね無し入れ歯)とはコンセプトが似ても似つかない、全く違う「てこの原理」を応用した優れものの部分入れ歯です!是非お問い合わせ下さい。

今までのような直線的な着脱式ではなく、回転させて着脱させるので維持力が十分にとれます。「テコの原理」からfulcrum point(支点)、load point(力点)、effort point(作用点)を応用して支台歯のアンダーカット量によって、Type1から3まであります。(spruシステム応用)

一般的なノンクラスプデンチャー(スマートデンチャー、バルブラスト、スマイルデンチャーなど)とはコンセプトがまったく別のものです。


                     

 

機能回復インプラント治療

 サクセスフル・インプラント 機能回復 成功型インプラント治療(successful implant)

インプラントは現在では非常に安全で、きちんと診断を下せば完成度の高い治療法です。今までの義歯の不快感に満足できない方には最適の治療法です。材質は生体に最も親和性の高い「チタン」で安全性は保証済みです。またHA(ハイドロキシアパタイト)でコーティングすることにより生着率を向上させています。

一般的にインプラントの宣伝には埋入本数の多さを競っていますが、重要なのは成功率であり、失敗例が何%なのかを知るべきです。当診療室の「3種の神器」のお陰で現在までのところ、予後のフォローアップしている限りでは、撤去失敗症例はありません。

当診療室でインプラント治療された総ての方が「もう義歯には二度と戻りたくない」と仰っています。

《  2012年現在  21年間 約680症例  (失敗・撤去 0) 》

実は私(理事長)の口腔内にも4本のインプラントがしっかりと機能を果たして頑張っています。私自身もインプラント患者ですから患者側からの視点でも見ることができます。

 
 
歯は歯冠と歯根の2つの部分から成ります。歯をなくしたことで受ける影響はどの部分をなくしたかによって異なります。

失った歯冠と歯根の両方を元通りにするには、インプラント治療が唯一の方法です。


 まったく新しい画期的な「骨を削らない(ドリルを使わない)OAMインプラント」

今まではインプラントを埋め込むための穴を形成するために、ドリルを使って骨を削っていました。
しかし大口弘先生が開発した「OAMインプラント」はドリルを使わず、骨を削らず、そのため不快感が少なく、患者さんに優しい、そして何より今まで不可能であったリッジ状の細い、薄い骨にもきちんと、より強固に埋め込める斬新で素晴らしい方法です。インプラントがより安全になり、自分自身の骨が無駄にならず、適用範囲がかなり広がりました。

当診療室でもこの画期的な方法を取り入れ、「インプラント成功率100%」を継続していく所存です。興味のある方は是非お問い合わせ、ご相談下さい。
インプラント

針の穴くらいのピンホールを徐々に広げて、骨を緊密にしてインプラントを埋入する事ができます

患者さんの声

「入れ歯からインプラントに変えて」  (♂  58歳  会社員)
コメント
7年位前から上顎に部分入れ歯をして、異物感が強く、食べ物が良く噛めないなど不便なことが多く、義歯が無くなればと思って生活していましたが、マスコミなどでインプラントを知り、以前からお世話になっているパーク歯科診療室で合計9本のインプラントを埋め込みました。手術は普通の抜歯程度で、良い意味で期待はずれで痛みは全く有りませんでした。現在は入れ歯が無くなりスッキリして本当に良かったと思います。日々の生活で食事が美味しく、生きていく間はずっと食べていくし、健康で人と楽しく話して、見た目も満足して、快活に人生を送ることができるなら保険が効かなくても決して高いものではないと思われます。大満足です。妻にも勧めて、妻も現在インプラント治療中です!


◆ 治療前 ◆
 
◆ 治療後 ◆

 

新しい審美歯科治療
現在では歯科における審美には

 歯のクリーニングとしてPMTC(プロフェッショナル メカニカル トウース クリーニング)

専門のプロが時間と技術と特殊な器具や材料を使って歯を綺麗にします
 

 歯の漂白(ホワイトニング)、歯茎の色の改善(メラニン色素の沈着など)

特殊な薬剤とレーザーや、高周波や光重合器を使って行ないます 


 白い歯を被せて審美的に改善する

ポーセレン(セトの歯)ハイブリッド(セトとプラスチックの中間)など
金属のバネが見えない部分入れ歯(特殊な材質で金属を目立たなくします) 

 口腔周囲のエステとしてMFT(マイオファンクショナルセラピー筋機能訓練療法)

舌と口の周りの筋肉を本来持っている正常な状態にすることにより、色々な事が改善されます
矯正治療の後戻り防止に必須で、また小顔になり、唇の形が良くなり、肩凝りなどにも効果的

患者さんの声

「他の人にも教えてあげたい審美的で、快適な部分入れ歯」  
(♂52歳 会社役員)
コメント
ずっと長い間、下の両側の奥歯が無くて入れ歯がどこで作っても合わなくて、前歯だけで噛んでいましたが、美味しいものを十分に味わうことが出来ない虚しさを感じていました。
ブリッジやインプラントへの条件に適合しないし、かといって金具のある入れ歯だと異物感が気になるし、なにより年寄りくさいと言うイメージがありました。
パーク歯科診療室にて相談すると金具の無い入れ歯があり、すぐに治療して装着してもらったところ「My入れ歯Life」はとても快適で、入れているのを忘れるくらい、非常に調子が良いです。今までのように奥歯で噛むことを怖がることが有りませんし、食事の時に入れ歯であることを気にしなくてすむことは嬉しいことですね!

◆ 治療前 ◆
 
◆ 治療後 ◆

 

 

画期的な歯周病治療

 歯周病は日本人の成人の約8割以上の人が罹患していて、心臓病などに影響する厄介な病気です。歯肉炎から歯周炎と段階的に進行していきますが、やはり正しいブラッシングなどの予防と早めの検診・治療が必要です。 基本的なブラッシング指導、歯石除去、精密検査などの治療以外に、当診療室では最新の治療法として特殊シロップ治療、レーザー治療、高周波治療など画期的な方法を実践しています。


◆ 治療前 ◆   ◆ 治療後 ◆

  1. モチベーションを高めるピクトアイ(口腔内写真)と位相差顕微鏡
  2. 進行程度の認識のために必須の歯周病検査
  3. TBI(効果的なブラッシングのホームケア)指導
    •  歯間ブラシ、フロス、タフトブラシ
    •  最新の「つまようじ法」ブラシ
  4. プロケアpro-care(的確な歯面清掃と歯石・歯垢除去)
  5. 効果的な投薬治療とブラシ塗布による抗真菌治療
  6. ポケット内DMXシート封入による抗菌治療
  7. レーザー使用による「焼畑式」歯周治療
    • 炭酸ガスレーザー
    • Nd:YAGレーザー
  8. カナダで開発された最新式 光殺菌システム「ぺリオウエーブ」
    • ぺリオウエーブ(Perio wave)
  9. 高周波「レンタルシステム」による骨生成歯周病ホームケア

 PDT(photo dynamic therapy)光線力学治療

    薬を使わない、光による殺菌システム

    耐性菌が発生しない、副作用が無い

    バイオジェル(光感受性物質)と無熱レーザーで1分のみ照射

    痛みを伴わない

    簡便に何度でも可能

※バイオジェルは光を吸収して化学反応を起こし、生体に安全な活性酸素を発生させ、この活性酸素が細菌を死滅させます。
 通常(他の歯科では)抜かざるを得ないような歯を保存できる可能性が大幅に広がります。
 また「高周波非接触療法」と共に、当診療室の「成功率100%インプラント」に大きく貢献しています!
 当診療室に北海道で初めて導入されました。


「適応症」

1)歯肉炎、歯周炎

2)根管治療

3)インプラント周囲炎

4)ヘルペス、口内炎、カンジダ症
 

 『歯ブラシの方法』
1)ローリング法(回転法) 2)スクラッビング法(毛先振動法) 3)バス法(毛先45度振動)
4)フォーンズ法(描円法) 5)チャーターズ法 6)スティルマン改良法
7)1歯づつ縦磨き
など色々な方法がありますが、個々の患者さんの口腔内の状況によって 組み合わせていかなければいけません!詳しくは当診療室の院内フェローにお尋ね下さい。
ブラッシングの方法はこのように種々ありますが新しい方法として
以下のような『つまようじ法』と言う歯ブラシの仕方があります。
つまようじ法
他の方法と併用すると、歯周病などにかなり効果的です!
詳しくは院内フェローにお尋ね下さい。

 

MFT(口腔筋機能療法のシステム)


 

MFT(口腔筋機能療法)
  MFTは歯並びや咀嚼・嚥下・発音の改善を目的に、お口の周りの筋肉(表情筋、舌筋、咀嚼筋など)の訓練をすることで状態を改善します。高齢者の場合、舌機能が落ちてくる時期があり、発音障害などを呈すようになります。
 

●パタカラ【MFT(口腔筋機能療法)器具】
  お口の周りの筋肉を鍛えることで、口呼吸やイビキが改善される傾向があります。また表情が豊かになり、首の周りの筋肉が整うために明るく活動的になる方が沢山いらっしゃいます。
 

●ヒットスポット パタカラ 【MFT(口腔筋機能療法)器具】
  舌とお口の周りの筋肉を同時に鍛えることで、歯並びを悪くする舌の癖や、口呼吸、発音、食べ物の飲み込みなどを改善します。
 

●リットレメーター 【口腔免疫トレーニング装置】
  口輪筋のトレーニングと同時に口輪筋の力を測定できる装置です。お口の周りの筋肉をバランス良く鍛えることで口元の癖や表情を改善します。
 

●とじろーくん 【口輪筋トレーニング装置】
  お口を閉める筋肉を鍛える装置です。その効果は、唇の形・口元・頬など顔のみならず、首を引き締める効果もあります。
 

●ポカンX 【口腔免疫トレーニング装置】
  無意識にお口を開けてしまう癖があると、歯並びや口元の形が悪くなったり、口呼吸により口臭などの様々な症状が起きる可能性があります。これを簡単なトレーニングで防ぐ装置です。
 

最も重要で基本的となる歯内療法
  1. 画期的なチタンファイルによる「プロテーパーシステム」
  2. 最新の    なプロルートMTA
  3. レーザーと高周波による根管内完全殺菌

種々に応用できる高周波治療と全国初のレンタルシステム

 レーザーが光のエネルギーで表層に作用するのに対して、高周波は電気エネルギーを利用するもので、組織の深部に作用して毛細血管の拡張や血行促進効果があります。高周波治療には「接触療法」と全く無痛の「非接触療法」があり、当診療室では95%が「非接触療法」を応用しています。


  1. 歯髄炎の消炎、鎮痛
  2. 歯肉炎や歯周炎の消炎、鎮痛
  3. 根尖病巣治癒促進や根充後の疼痛緩和
  4. 顎関節症の鎮痛、治癒促進
  5. インプラントのOsseointegrationの促進
  6. インプラント周囲炎の消炎、鎮痛
  7. 歯列矯正の歯牙移動の促進・疼痛緩和
  8. 軟組織疾患の治癒促進
  9. 骨折などの治癒促進
  10. インプラントやぺリオでの化(仮)骨作用

   等の効果があります。


色々な症状に効果が期待されますが、1回10分から15分で頻度を多く(毎日or2日に一度)照射しなければいけないのが弱点です。そこで当診療室で全国初の高周波レンタルシステムを構築しました。これは、携帯用高周波機器を貸し出してホームケアで治癒効果を高める画期的なものです。

スポーツマウスガード

 スポーツマウスガードとは

   弾力性のある素材(ペットボトルの素材)でできた口の中に装着する保護器具のことで、

   衝撃から起こりうる「歯や歯周組織や顎の損傷」「脳震盪(のうしんとう)」などを防止し、

   バランス感覚と身体能力・筋力の上昇を目指す器具のことです。

 効能

   1.歯と歯周組織の保護

    歯や歯周組織をカバーし、直接大きな外力が及ばないように保護します。

   2.顎関節、顎骨の保護

    顎に無理な力が加わると顎関節に衝撃が伝わり機能障害を引き起こし、顎関節症になったり、

    極端な場合顎骨骨折に至る場合があります。マウスピース装着によって顎関節部に空隙を作っ

    て緩衝することができます。

   3.脳や眼窩部の保護

    歯や歯周組織の保護は1次的ですが2次的には(もっと大事な)脳や眼窩へ伝わる力を緩衝します。

    実は顎関節部の関節窩と脳との距離は最薄で2mmしかありません。

    顎関節には元々関節円板、鱗状縫合などの脳への緩衝装置が備わっていますが、ボクシングなどで

    アッパーやフックなどを数多く受けると常に脳が揺れている状態になり、パンチドランカーになる

    可能性があり、精度の高いマウスピースで防御が可能です。


    一般的にマウスガードで先ずイメージされるのが、コンタクトスポーツ(相手と接触する運動)

    と言われるボクシングやレスリングなどの格闘技、ラグビー、サッカーなどですが、最近は野球や、

    ゴルフ、バレーボール、ラクロスなど色々なスポーツに応用されています。


 スポーツマウスガード作製方法

   オーダーメイドで作製すると名前や所属、連絡先、カラフルな模様などを付与することが可能で、

   オンリーワンのマウスガードを作ることができます。

 オーダーメイドと既製品の違いは?

    当診療室では、完全オーダーメイドのマウスガードを製作しております。

    患者さんごとに歯型を採り、北海道で最初に導入されたエルコプレスという最新機で製作しますので、

    ぴったりお口に合ったマウスガードをご用意できます。

    オーダーメイドと既製品との違いは フィット感(適合性)です。

    市販されている既製のマウスガードはお湯で温めて、自分の歯列に押し付けて合わせます。

    ヒトの歯の大きさや歯並びは、色々で同じ人はいません。それを平均的なサイズのもので

    合わせようとするとフィット感はありませんし、対合歯ときちんと噛み合いません。

    そのようなマウスガードは、外れやすかったり、痛みが出たりする可能性があります