◆最新技術・最新機器を用いた治療

当診療室では、皆様の色々なご要望にお答えするため、また治療の選択肢を広げるため将来に渡ってできる限りの 「最新技術・最新機器」を取り入れていく所存です。


 1) コンビーム3次元CT 「トロフィーパンプラス(3D+セファロ)」

この装置は現時点で最も精密な範囲を映し出し、インプラントや埋伏歯や根管治療や歯周病、また顎関節症の診断、そして矯正治療の為に3次元的に撮影する事ができる最新式のCT装置です。
血管の位置や走向、骨の密度、分布、顎関節の形態などを鮮明に映し出してくれるので全ての治療において、安全と確実性と安心を与えてくれます!
安全性としては、現在市販されているCTの中では、もっとも被爆量が少なく、かつ精密に細かいところまで映し出すことができます。(今まではせいぜい1-2ミリ単位でしたが、0.76ミリ単位で診査することができます)



 2) 歯科用 顕微鏡「Leica M320 F12」

光学機械で世界最高峰のライカ社製 手術、根管治療、充填、修復、形成などすべてが今までとは違った世界になります。 ライカ社はこう述べています。 「歯科治療に顕微鏡が必要なことは今や世界の常識となりました。問題はどの製品を選ぶかです」 「ライカ M320 F12 デンタルの光学システムは、このジャンルの顕微鏡の定義を変えました。LED を用いた世界初のシステム構成により、顕微鏡観察に新しい次元を切り拓きました。鮮明さ、コントラスト、明るさのすべてで比類のない画像が得られ、しかも深い焦点深度を実現しています」



 3) レーザー診断・レーザー治療

〈レーザー診断〉
(ダイアグノーデント)  
今までは虫歯の検査をする時にはレントゲン以外には、金属製の器具で引っかいたり(悪化させる可能性有り)、薬液で染め出したり不確実な要素が多かったのですが、ドイツ製レーザー虫歯探知機
によりデジタルに数値でその  程度を認知できます。

レーザー治療〉
(H e-N e、炭酸ガスレーザー、YAGレーザー)
レーザーは光を一点に収束させ、大きなエネルギーを発しますが、使い方によっては種々の利用法が有ります。
当診療室にはソフトレーザー1台、ハードレーザー4台が常備され、歯周病治療、知覚過敏、治癒促進、根管内治療、レーザーメス等として使用できます。 
 


4) ハイパーウエーブキュアー(高周波療法)

レーザーが光のエネルギーで表層に作用するのに対して、高周波は電気エネルギーを利用するもので組織の深部に作用して、毛細血管の拡張や血行促進効果があります。非接触療法は全く無痛。
治療効果としては
1.神経を取ったり根の治療時の殺菌
2.歯周病の治療、殺菌と再生
3.急性症状(腫れ、痛み)の軽減
4.手術部位の殺菌消毒、疼痛制御、治癒促進
5.歯茎の色素沈着を除去 
6.口内炎・知覚過敏の治療
7.筋肉や粘膜を出血の少ない状態で切開
8.インプラントなどで術後の治癒・骨生成促進
 


5) 口腔内写真・位相差顕微鏡

口の中の状態を客観的にテレビ画面で確認して頂き、それをカラープリントしてお渡しします。又、歯周病の原因となる菌が実際に活動しているところを観察してもらい、治療の助けとします。


6) オクルーザー(コンピューター制御 噛み合わせ診断器)

噛み合わせのバランス、噛む力等を数値で診断し「顎関節症」や、「噛み合わせ由来の全身不定愁訴」の治療の資料とします。
また矯正治療時の術前、術後のかみ合わせる力の診断が出来ます。



7) オーディオメーター(北海道で最初に導入された 聴力による噛み合わせ診断器)

噛み合わせと聴力に大きな関連性があることが、最近報告され聴力値によって噛み合わせのバランスなどが的確に診断できます。



8) 筋弾性計PEK?1(噛む筋肉などの被圧縮度をデジタルに数値で表示)

今まで筋肉の凝りや痛みは主観的な判断しかできませんでしたが、デジタルに数値で表せますので噛み合わせ治療の前後で改善度が一目両全です。



9) 特殊義歯(磁石、アタッチメント、コーヌス・クローネ、バイオトロン、金具の見えない義歯)

磁石の応用は製品化される以前に生体実験をしたり、コーテイングの研究をしたり歯科に最初に導入した第一人者と自負しております。またバイオトロンという超弾性プラスチックを義歯に応用すると
義歯の維持が非常に長持ちします。そして金属が見えない審美的な部分義歯は大変好評です。


10) MFT,PNF,パタカラ,リットレメータによる舌と表情筋の訓練

口腔筋機能療法あるいは筋促通法として、口の周りの筋肉(舌、口輪筋、表情筋など)が正常に使われていない時にその機能を回復させることによって、顔を引き締めてエステをしたり、歯並びを正常に
保ったり、肩凝りを回復させたり、入れ歯の維持や口腔乾燥に効果を発揮します。
  
● 舌と口唇のエクササイズ ●                                       私も舌癖のトレーニング中です!


11) ゴールデンルーラー(黄金率測定器)

黄金率は美しいものに潜む古代からの比率と言われ、歯の大きさや顎の位置、噛み合わせの高さ、上下の唇の比率もこれに支配されていると言われます。この黄金率を簡便に測定する器具があります。



12) 電動麻酔注射器 3台

針が細く、注入が規則正しくゆっくり進むので、ほとんど痛くありません!音楽を奏でるものもあります。



13) フリーアームシステム(口腔外バキューム)

お口の中を削ると時に、飛沫が飛散しないように吸い取る装置ですが、口腔外でも義歯などを調整、削合する時にお顔の周りに飛び散らないようにする吸い取り装置です。



14) モイスチャーチェッカームーカス(口腔乾燥症診断機)

お口の中の唾液量を数値で計測して口腔乾燥症の程度と、治療後の改善度を調べます。



15) セファロレントゲン(頭蓋全体と首の骨のレントゲン)

 矯正治療の他に頚椎(首の骨)の状態を診断し、全身不定愁訴の治療に用います。



16)  テンピュール製ユニット

フィンランド製の「身体が吸い込まれるような」低反発ユニット(診療チェアー)です。そこに座った患者様の9割の方から「非常に気持ちが良い」、「眠りに入ってしまった」などとお褒めの言葉を頂いております。



17)  酸素エアチャージャー

診療前・中・後の精神的、肉体的ストレスに「元気が出る酸素」の補給は如何でしょうか?
このエアチャージャーは「リフレッシュ」「集中力キープ」「カラダすっきり」という効果があります!



18)  ルマクール (ホワイトニング機器)


アメリカから輸入した安全で(痛みがなく、熱を発生しない)かつ確実に 短時間で「歯を白くする」最新のホワイトニング機器
 


19) 安全な最新の滅菌器 (オートクレーブ リサ)

今までの歯科での滅菌は(クラスN、S)というもので、完璧なものは少なかったのですが、今回導入した(クラスB) 「リサ」はヨーロッパ基準に則り「全てのものを完全に、安全に滅菌できる」という非常に
高価ですが優れものです!当診療室では3台目のオートクレーブです。 さらなる安全性を確保します。



20) 超音波骨造成器(BRソニック)

骨の形成を促し、治癒を促進させます。歯周病等の骨の再生や、 インプラント治療に大変効果あります。
2002年FIFA W杯で あのデビットベッカムが奇跡の復活を とげた時に貢献した器材です。



21) オゾン発生器(Pure Nature)

当診療室では毎日オゾンによる殺菌・脱臭を行っています。歯医者特有の嫌な臭いもありません。



22) シェードパイロット

コンピューターでデジタルに歯の色を見る最新の機器です。
1.歯に詰め物をする
2.歯に冠を被せる
3.ホワイトニング(歯を漂白して白くする)
その際、周囲の明るさなどの環境に関わらず適確に色調を判定できる優れものです。より自然な歯の色合いを演出したり、ホワイトニングの効果を確認できます。



23) オートソープディスペンサー&足踏み式水道&ジェットタオル

足踏みスイッチ式の水道と、センサーにより自動でハンドソープが出ます。
手指を水洗した後、エアーによる完全乾燥のため、どこにも手を触れずに
完全消毒ができるジェットタオルは各診療台にそれぞれ配置されています。



24) ワイヤレスマイク 「インカム」
北海道の歯科医院に初導入!
全スタッフが装着し院内のコミュニケーションが驚くほどスムースになり診療時間が短縮できます。

 

25) ペリオウェーブ

バイオジェル(光感受性物質)は光を吸収して化学反応を起こし、生体に安全な活性酸素を発生させ、この活性酸素が細菌を死滅させます